必見!車検代はなぜ高いのか!?

「車検代でこんなに出費がかさんだ!」「高級車だから車検代も高い!」「あと一か月しか期限がないけど急に大金は用意できない!」「税金と保険料とさらに車検代だなんて!」みなさまにはこんな経験はありませんでしたか?
多くの人が車検にかかる費用に驚いたと思います、私もその中の一人です。今回はその原因を探りだし、いざ車検を通す時に気を付けることを紹介します。
費用がかさむ一番の要因はずばり、「修理費」です。「え? 修理には出してないけど…」と思った方は後述しますので、まずは順を追って内訳を整理していきます。
さて、ユーザー車検を除く車検代の内訳は法定費用+車検基本料であり、法定費用には重量税、自賠責保険料、印紙代があります。ここで肝になるのが、車の重量によって税額が変わる重量税です。軽自動車の重量税は一律、それ以外の車(以下乗用車)は0.5トン刻みで税金が上がります。又、エコカーや13年経過車でも金額が違いますので愛車の種類をよく把握しておきましょう。
次に後二つの費用ですが軽自動車と乗用車の二種類で分けてもらって構いません、正確には印紙代が乗用車の種類により100円違いますが、重量税のウェイトが大きいのでそちらに重きをおいてください。上記が法定費用の内訳ですが、法定費用は定められている金額なので節約できません。ですので、購入時に愛車がどれに該当するのか知っておくと良いでしょう。
お待たせしました、前述に「修理費」は含まれていませんでした。つまり、「修理費」は車検基本料に含まれています。24か月点検整備、検査代、代行手数料等、これらが車検基本料の内訳であり、請け負った業者の儲け分です。業者によって差が出る部分なので、費用を抑える為にも業者選びは念入りに行いましょう。さて順調に業者選びを終え、良心的な金額の業者に依頼をしてほっとしたいのですが、点検整備をしてもらった段階で最大の出費ポイントが現れます。点検整備をすれば部品の劣化を発見、交換することは必須になり…、そうこれが中古車壊れやすい修理費です。「修理費」の内訳は部品代+工賃です。部品名と金額が請求書にずらりと並び、天井知らずに請求額が上がっていきます。だから車検代は高いのです。車は消耗品のかたまりです、遅かれ早かれ部品は劣化します。

カーシェアリングで節約

さて、それでも車検代を抑えたい方はいると思います。複数の業者から見積もり書を作ってもらい比較している段階で、「いくつかの部品に関しては今すぐに使えなくなる訳ではないので、○ヶ月以内に部品交換にお越しください」と業者に提案してもらえた方は僥倖です。車検代が少し抑えられたと同時に、親切な業者に出会えたと言っていいでしょう。そうした業者は仕事も丁寧な傾向にありますので信頼できます。部品の劣化は避けられませんが、いくつかの部品の交換時期はある程度調節できるのです。こうして車検代は「修理費」と「それ以外」で分割できると考えましょう。基本的に工賃に変動はありませんので、私たちユーザーが他社に逃げなければ、業者側としても儲けは同じなのですが、いかんせんユーザーが本当にもう一度来るかは保証できませんので、業者も利益を出そうと一回の車検で済ませる傾向にあります。こちらから「今後部品交換をお願いするので、今回は費用を抑えられないだろうか」と提案しなければならないようであれば深いお付き合いは避けましょう。ましてやそれに応じない業者とは縁を切った方がいいです。リピーターの重要性を理解していないので、仕事ぶりも期待できません。

理想を言えばもっと早い段階で定期的に点検整備を行っていれば「修理代」はかからなかったかもしれません。しかし専門知識がなければ車の点検は難しいでしょう。だからこそ、車検時の業者選びで良い業者と出会えれば、今後の点検をお願いできます。突然のトラブルにも対応してくれますし、次回の車検に向けて割と早めに話し合いができる事でしょう。車検とは車の更新手続きではなく、かかりつけの業者を見つける出会いの場だと考えます。ディーラー、カー用品店、ガソリンスタンド、ユーザー車検など方法はそれぞれであり、それぞれ長所短所がありますが、愛車とどう付き合うか考えるいい機会だと思います。

https://www.aecapc-euro.org/

まとめ。
1車検代=法定費用+車検基本料(ユーザー車検は例外)
2法定費用は節約できません。
3愛車に該当する法定費用を把握しましょう。
4車検基本料は業者によって料金が異なります。
5車検代が高いのは「修理費=部品代+工賃」がかかるから。
6緊急性の低い修理を後回しにして、車検代を節約しましょう。
7車検は出会いの場、良い業者との出会いは愛車のメンテナンスに影響します。

タイヤの寿命

6年前に中古で日産キューブを購入しました。購入時の走行距離は25000㎞でしたが、タイヤは4輪とも新しいらしくて安心の購入でした。
2年に1度の車検時以外には特にメンテナンスをすることもなく、快適に走ってくれていたマイカーでしたが、2回目の車検時(購入から4年)にタイヤが古くなり、変色しているようになっているのが気になり、交換が必要かどうかを尋ねました。
溝はまだまだ残っていたらしく、6か月後にメンテナンスに来ていただいたらその時にもう一度確認します。とのことで、結局その時の車検ではタイヤ交換はせずでした。
半年後のメンテナンスは、義務付けられたものではなかったために行かずじまいで、結局不備もなかったので1年半そのまま乗り続けました。
ある日、タイヤの空気圧がなんとなく気になり、ガソリンスタンドで見てもらったところ、左後輪の空気圧だけが少なかったらしく、少し傷が入っていたこともあって、交換したほうがよいかもとスタッフさんに勧められました。
これはそろそろやばいかなと思い、自分でタイヤの溝を計ってみましたが、溝はまだまだ残っています。なんだか交換するのは勿体ないなとは思いましたが、ガソリンスタンドでの空気圧の件が気になり、安いタイヤをネットなどで探していたところ、友人がアルミホイールとタイヤを4本セットで譲ってくれることに。
これはラッキーだと、早速タイヤを持ってきてもらいました。

車買取センター

 

自動車保険おすすめ

インターネットで加入の自動車保険の信頼性
私は、メーカー系自動車販売会社で営業の仕事をしていました。勿論会社も自動車保険の代理店になっていましたので、私も自動車保険の募集資格を取って、お客様に自動車保険をお勧めしていました。自動車会社は、保険の代理店とはいえ自動車の販売が主ですので、何か有れば保険会社の担当の方が、アドバイスをくれたり事故の場合など、事故対応や事故処理をスムーズにやってくれていました。自動車会社は、自動車保険の扱い数も多いので、保険会社のバックアップも本気でした。あまり不都合が多いと、保険会社を変えてしまう事も有りましたから、事故処理なども早いものでした。ですから、自動車会社の自動車保険は完璧で安心だと思っていました。しかし、私が自動車会社を辞めて、ちょっと不安でしたがインターネットで自動車保険に継続加入して見ました。なんと言っても、インターネットで申し込むとそれだけでかなりの金額の割引が有って、それが魅力で加入してしまいました。

自動車保険おすすめ

車検にかかる時間

車検というと、以前は2~3日かかるのが当たり前でしたが、最近では1日車検が当たり前になってきています。

短いところでは1時間で完了するところもあったりします。
では実際どのくらい時間がかかるのでしょう。
車検にかかる時間の内訳は、
1:点検、検査+2:24ヶ月点検+3:陸運局への届出+4:整備で構成されています。

1:点検、検査(車検)・・・・15分~30分
2:24ヶ月点検・・・・15分~30分
3:運輸局への届出・・・・検査終了後、車検業者が陸運局への届け出をします。ここで車検証とステッカーが交付されます。
4:整備・・・・・・不具合があったところを整備してもらいます。
1、2の点検、検査と、4:整備が消耗品の交換くらいであれば1時間くらいで終了です。
3、の届出は業者がしてくれますので、あとから車検証を受け取りに行く、もしくは郵送をしてくれるのを待つだけです。
ただし、業者によっては、車を陸運局の検査場まで持ち込み、検査を受ける必要があるため2-3日かかることもあります。

車検ランキング

即日発行のクレジットカードを申し込んだら

私は自称お買いもの中毒です。高級ブランドが大好きで買い漁っていました。

とにかく高級ブランドに目がなく、バッグや高級時計があたり前です。高級じゃないと身につける意味がないと思っていました。

もしいらなくなっても質屋さんに売ったりできて、またそのお金で欲しい洋服を買えばいいだけです。

ほんとうに洋服が好きなだけで、高い洋服がいいってわけではなく、ちゃんとデザインがいいものしか買ってません。

でもほしくなるとどーしても手に入れたくなってしまいます。

靴、トップス、ボトムで2、30万円なんてざらで、どうせカードで払うからいいや、なんてお給料の額なんて考えもせずに使っていました。

5、6万くらいだと何も考えず、金銭感覚が麻痺していたんでしょうね。実家暮らしをしていたことも手伝ってお金には余裕があったはずなのに毎月だんだん支払いがキツくなっていきました。

でも本当にやばいと思い始めてたのは1年後くらいでした。

クレジットカードでお買い物すると簡単に物がかえてしまうんです。

現金が減っていく気がしないので、後悔が起こらず、罪悪感より高揚感のほうが上回ってしまうんです。

作りやすいカード